全国の派遣業許可手続き(新規許可申請・許可更新申請・調査立ち合い)の顔が見える専門家(社会保険労務士)を無料でご紹介。

人材派遣業許可申請全国マップ » 人材派遣業許可更新 » 人材派遣業許可更新の基準

人材派遣業許可更新

人材派遣業許可更新の基準

一般労働者派遣事業許可の有効期間は、許可の日から3年です。
一度更新して後の有効期間は5年となり、以後はそれが繰り返されます。
許可の更新にあたっては、有効期間の満了日の30日前までに、労働局に許可更新申請書を提出しなければなりません。

許可更新の要件は、許可申請のときの基準と同じです。

財産的基礎については、次の3つの要件があります。

  1. 基準資産額が、2,000万円 × 事業所数 以上あること。
  2. 基準資産額が、負債の総額の7分の1以上あること。
  3. 現金・預金が、1,500万円 × 事業所数 以上あること。

基準資産額とは、資産の総額(繰延資産と営業権は除く)から負債の総額を引いた金額のことです。

基準資産額等の変動により1事業所分の許可の基準しか満たさなくなった場合は、許可の条件が変更され、1事業所分しか許可が認められなくなります。

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」とは?

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。

利用条件はたった2つ。
  • 事業資金専用のサービスであること(生活費や教育ローンには利用できません。)
  • 100万円以上の売掛金が必要であること
売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)



※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

スポンサードリンク




人材派遣業許可関連マップサービス案内



人材派遣業許可関連の専門家の皆様へ

人材派遣業許可申請全国マップに登録しませんか?各地域3名限定!随時募集中!

三重の人材派遣業許可のスペシャリスト 社会保険労務士法人ナデックの書籍です。 「人材派遣・職業紹介」-はじめての開業-かんたん手続き-図解はじめて-小岩 「人材派遣・職業紹介」 はじめての開業&かんたん手続き


人材派遣業許可申請全国マップオープン!新規許可申請・許可更新申請・調査立ち合いは専門家にお任せ下さい!2011.08.22